ハチ駆除は専門業者に依頼して安全に行おう

可愛いけれど可愛くない

アライグマ

アライグマは害獣として駆除対象動物です。見た目がかわいらしいため、ついエサを与えてしまうという人間もいますが、これは大変危険な行為です。駆除の際には専門業者に依頼しましょう。怪我をしないことや、糞を素手で処理しないなどが大切です。

Read More..

天井裏にイタチが入ったら

イタチ

イタチは細長い体と高い運動能力を生かして天井裏などに入ってしまいます。個人でも駆除できますが、後片付けや今後の予防を考えるとイタチ駆除業者に頼むほうが確実です。しかし母子イタチを駆除するときは特に注意が必要なので業者に質問してみましょう。

Read More..

危険なハチから家族を守る

ハチ

ハチ毒アレルギーの危険性

人間を刺す昆虫には数多くの種類がありますが、日常生活の中で刺される可能性がある虫は限られています。蚊やダニ・ノミなどは吸血を目的として人を刺し、強い痒みを与えます。防衛を目的として人を刺す昆虫としては、刺されると痛いハチが代表的です。日本でよく見かけるハチには、ミツバチやクマバチ・スズメバチ・アシナガバチなどがいます。中でもハチは刺された個所が大きく腫れ上がることもあるため、家の近くに巣がある場合は怖い存在です。どのハチも積極的に人を襲うわけではなく、自己防衛や巣を守る目的でのみ攻撃してきます。家の軒下などに巣があると、うっかり近づいた人がハチに刺される危険性があるのです。ハチに刺されると強い痛みを生じますが、これは針による皮膚への傷害に加えてハチ毒が作用した結果でもあります。このハチ毒はスズメバチが最も大量に持っていますが、毒性そのものはミツバチの方が強いと言われています。ハチ毒が危険なのは、たとえ微量でもアナフィラキシーショックと呼ばれる急性症状を起こす可能性があるからです。一度ハチに刺された人が再び刺された場合、アレルギー反応で喉が腫れ上がり、気道が塞がれて呼吸困難に陥るのです。

ハチの巣を安全に撤去

最悪の場合は命を落とす危険性もあるアナフィラキシーショックを防ぐためには、ハチに刺されないようにする必要があります。家の軒下にハチが巣を作ってしまったら、巣に近づかないようにするのが一番の予防策です。とは言え小さな子供がいる家では、いつ子供がハチに刺されるか心配になるものです。大切な家族をハチの脅威から守るためには、一家の主が意を決してハチの巣に立ち向かうことも珍しくありません。ただしハチの巣の撤去は大変危険な作業で、なおかつ専門知識も必要です。ハチ駆除を専門に行っている業者に依頼するのが望ましいと言えます。ハチ駆除業者はハチの攻撃から身を守るための専用防護服を着用し、巣に近づきます。ハチが巣を作るのは軒下などの高所が多いため、竹竿のような長い棒状の道具や網なども欠かせません。ハチ駆除業者はハチの習性を熟知しており、ハチが巣に帰った夕方から夜にかけて撤去作業を実施します。すべてのハチを巣ごと密封した上で、安全に処分しているのです。ハチの巣の撤去は誰もがやりたがらない作業です。ハチ駆除業者が各地で活躍しているおかげで、巣の撤去という危険な作業から全国のお父さんを解放しているとも言えます。

害獣の駆除

ハクビシン

野生動物のハクビシンが都会に出没して家に住み着く被害が増えています。騒音被害や糞尿被害によって家に深刻なダメージが加わるため、早急にハクビシン駆除を業者に依頼することが大事です。高い技術と豊かな知識が評価され、多くの人に利用されています。侵入経路の特定と塞ぐ工事の後、家中の清掃と消毒が実施されます。

Read More..

このエントリーをはてなブックマークに追加